先輩メッセージ

先輩メッセージ




P9_01




品質管理部 生命応用化学科卒 2015年入社
佐藤 光輝





入社した理由


 「アットホームな会社」と会社説明会で聞いた事が、耳に残ります。学生時代は、化学が好きで化学科の大学に進学し、学費を稼ぐ為、勉強とアルバイトの両立をしていました。ホテル、イベント、ドラッグストア等の多くのアルバイト等を経験するうちに、人と多く関わることが増え、次第にそういった人との繋がりのある仕事をしたいと思いながら、就職活動を始めました。就職活動で重視していた事が3つあり、人の繋がりのあるものづくりをしたい事、地元の福島県で働きたい事、生活の一部の商品を製造している事でした。これらの全てに該当し且つ、やりたい職業として選んだのがトキワ印刷株式会社でした。会社説明会に参加した際に、葉書をはじめ、ポスター、広告といった人の目に触れ、感動させるものづくりの現場が好奇心をくすぐりました。また、会社説明会で「社員の人柄が良く、アットホームな会社」という言葉が印象的でした。今現在、入社して私自身もそれを実感し、右も左も分からない新入社員にとって、上司や先輩社員から懇切丁寧に指導を頂ける、声をかけやすい環境である事を非常に感じています。


仕事内容


 社外で自社製品を見かけた際は、胸を熱くさせるものがあります。私の現在所属する部署は、品質管理部です。文字通り「品質を管理する」部署であるため製品の良品、不良品を決める重要な部署です。主な仕事として、「品質維持の確認のチェック」、「クレーム対応」があります。「品質維持の確認のチェック」は、生産ライン工程が問題なく製造されるよう作業員が、確認しながら作業しているかを実際に観察や記録票の収集と集計、製品の抜き取り確認をすること等です。

 「クレーム対応」は、社内と社外の2つの方面に対して対応し、社内では、生産ライン工程中で起きた製品トラブルに対しての原因追求と対応策をすること等があります。社外では、取引先のお客様に対しての対応等があります。


今後の目標


「品質管理部としての目を身に付ける事」を目指しています。製品の体裁、色調等の品質の良品、不良品を決める責任を持つ以上この部署では絶対に必要な目であり、具体的には、下記のような能力を身に付けて行きたいと考えています。
①知識習得並びに許容範囲を身に付ける
②仕事に要する時間の効率を上げる
①に関しては、知識習得からその知識を応用し、問題に対して、自己の解決案を模索し、それが正しいかどうかを上司に相談していくことで達成を目指します。
②に関しては、時間を確認しながらの作業を行い、今の自分が出来る仕事量を把握しておくことで、そこから逆算して仕事をスムーズに出来るようにしていくことで達成を目指します。


就活生にコメント


 トキワ印刷株式会社は、人の繋がりを繋ぐ架け橋の葉書をはじめ、人の目に触れることが多くある製品を造り続けています。「毎日、誰かの目に触れ、その度に心を動かす。」それが出来るものづくりが、この会社の魅力だと思います。興味があれば是非、会社説明会、見学にご参加下さい。
 また、就職活動は、多くの人と会ういい機会です。この機会を利用して出来るだけ多くの人と話してみましょう。新たな自分の発見や価値観を見出せるかもしれません。

 
 

P10_01





工場長付デザイン担当 デザイン科卒 2015年入社
伊藤 愛美




入社した理由


 『葉書作りに携わりたい』
これが、私がトキワ印刷への入社を志望した一番の理由です。
私は幼い頃から絵を描いたり、ものを作ったりすることが好きで、時間があれば何かを作っていました。そのようなことから、大学ではデザインを学び、更にもの作りの楽しさと何かを作り出す喜びを学びました。 
 就職活動をする上でも、もの作りに携わった仕事がしたいと、印刷会社や広告代理店、デザイン事務所など様々な企業の情報を集めました。その中で、商業印刷だけでなく、日本人の文化に根付いている葉書を扱っているトキワ印刷のことを知り、大変魅力を感じました。
 葉書は古くからの歴史があり、現在でも全国的に販売され、様々な場面で使用されています。そんな他の印刷物には無い魅力を持った葉書作りに、自分の大学で培ってきた技術を生かす事が出来たら、大変大きなやりがいと、もの作りの喜びを感じる事が出来るだろうと思い、トキワ印刷を志望しました。


仕事内容


 私は主に、日本郵便様から送られてきた葉書のデータを、トキワ印刷の印刷機にあった印刷用のデータに作り替える、はがきの校正の業務を担当しています。私が作成したデータを元に、印刷をして、刷り上がったものをデザイナーの方に見ていただき、印刷しても差し支えの無い状態になるまで校正を行っています。
 その他にも、トキワ印刷のホームページを新しく作ったり、印刷機によって同じものを刷っても色の出方が変わるので、その違いをなくすため印刷機の色合わせをしたりしています。


今後の目標


 印刷は奥が深く、制作をする上でたくさんの知識が必要になります。しかし私は、まだまだ知らないことや分からない事が多いので、幅広い知識を身につけて行かなければならないなと考えています。様々な知識を身につけ、校正した葉書についてデザイナーの方に説明する際、『なぜここはこうなるのか』『どうすればイメージ通りの色に近づける事ができるのか』などの分かりやすい説明、正しい提案がスムーズに出来るようになりたいです。
 また、データ作成に時間がかかってしまうので、効率よく作業をするための方法を学んでいきたいです。そのために、多くのものを制作し、作業になれていこうと考えています。
 現在は主に葉書の業務をしていますが、ポスターや広告などといった商業印刷物の制作もしてみたいと思っています。様々な種類の印刷物を作って、葉書とは違った難しさやを経験し、葉書以外の印刷物の知識も増やしていきたいと考えています。たくさんの知識を身につけるとともに、いろいろな事にチャレンジし、新しい事にも取り組んでいきたいです。


最後に一言


 入社したばかりの頃は、なれない事、知らない事、分からない事がたくさんあり、不安な面もたくさんありました。ですが、分からない事をそのままにせず、上司の方から教えていただき、やり方を覚え、出来る事が増えていくことはとても嬉しく感じます。これからも、一つずつ出来る事を増やし、様々なことに挑戦していきたいと思います。

 
 

P11_01




経理部 新入社員インストラクター
蔭山 英樹




 高校卒業後の、H23年4月にトキワ印刷株式会社に入社し5年の月日が流れました。


仕上部


 はじめは、仕上部に所属しハガキの加工を日々行ってきました。従業員のみなさんはとても親切に指導してくださり、日々能力を高めていくことができました。自分たちが製造したハガキを初めて店頭に並んでいるのを見たときはとても嬉しく、自分のやっている仕事を大変誇りに思いました。
ハガキの加工途中に出た、断裁くずを主原料とした環境に優しいリサイクル製品(ワンダーエコ)も製造しております。 
 発泡スチロールに替わる緩衝材・断熱材として特許も取得しており、福島県知事により「福島県新商品生産による新事業分野開拓者認定制度」の認定を受けた功績もあります。


経理部


 入社して3年目に経理部へ異動になり、製品を製造する立場から、会社の経営を管理する立場になりました。仕事の姿勢や進め方は身に付けてきましたが、まだまだ勉強しなければならないことが多く、上司の方々から知識を吸収しているところです。仕事でも人生においても悩んだときや壁に突き当たったとき、素直に人の話を聞く姿勢が持てるかどうかが成長のカギになります。人間はミスを犯してしまうもの。しかし、ちょっとした心がけでミスは限りなく減らせます。これからもそうしたことを心がけて、正確に仕事に取り組んでいきたいと考えています。そして、将来は「核」となる人間になれるよう精進していきたいと思っています。


インストラクター


 H27年度から始まりました「新入社員教育指導」のインストラクターを務め、社会人としての心構えや基本的なビジネスマナーなどを指導しています。独自で新入社員育成計画書を作成し、月ごとに目標を設定してもらい目標の達成に向けて指導・サポートも行ってきました。BBQ・食事会・当社周辺のゴミ拾いボランティア活動など様々な活動を企画してきました。そして、月2回のミーティングを行ったり、お昼ごはんを一緒に食べるなどして親交を深め、距離を縮めていくことができました。


P11_11


野球部


 当社には軟式野球部があり、入社してから現在まで積極的に参加しております。学生時代からずっとピッチャーとキャプテンを務め、トキワ印刷野球部ではピッチャーと副キャプテンを任され最近の大会ではベスト8という結果を残すことができました。部員数は20人近くいて、いろんな部署の方々とも仲良くなれます。そして、年に1度野球部の納会がありみんなでワイワイするのが楽しみでもあります。


P12_03


クリスマス慰安会

 当社のメインイベントは、毎年12月に行うクリスマス慰安会です。
たくさんの従業員の方々が出席し交流を深める最大の社内行事となっています。H27年度のクリスマス慰安会は、新入社員とインストラクターが中心となって企画・運営を行い盛大に会場を盛り上げることができました。

 



P12_16

PAGETOP
Copyright © トキワ印刷株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.